レシピ詳細/recipe details

原先生 豆アジと酢タマネギのレモンマリネ

46

レシピ提供:日本野菜ソムリエ協会認定料理教室 
「美bi・菜sai・果ka」野菜ソムリエプロ 原 早苗先生
HP:https://www.facebook.com/bisaika.cooking/

酢タマネギレモンを常備しておけば、旬の野菜と一緒にお肉やお魚に添えるだけで、野菜不足を解消、サラダのドレッシングとしてもお使いいただけますし、もちろんそのままでも副菜の1品になります。
食欲がない時でもお酢やレモンの効果でサッパリ、作り置き出来るので時短料理に大活躍です。

タマネギは抗酸化野菜の中でもトップクラス。
主な栄養素はアリシン、ケルセチン、ケンフェロール。
加熱に弱いので生食で食べ易い新タマネギが特にお勧めです。
1日1個のタマネギで1日に必要な抗酸化力が賄えるので、免疫力アップに加えて、生活習慣病の予防も期待されています。
お酢や旬の食材と合わせることで、抗酸化力をさらにアップ!
季節に合わせていろんな食材と合わせてみてくださいね♡

2020.6.1

2人分

豆アジ 4~6匹
酢タマネギ 50g
パプリカ(赤・黄) 各1/6個
サヤエンドウ 4本
塩、コショウ 適量
小麦粉 適量
サラダオイル 適量
A 酢タマネギ液 60CC
A 水 60CC
A 酒 大さじ1
A 昆布茶 小さじ1/2
酢レモン 輪切り4枚
青じそ 4枚

 

 

作り方

【酢タマネギレモン】(作り易い量)
<材料>新タマネギ2個薄切り・レモン1個薄輪切り・米酢150ml・蜂蜜100ml・塩小さじ1
<作り方>保存容器に全て混ぜ入れる。味が落ち着く3日後位から料理に使用。

アジはアタマと内臓を取り除き、塩水で洗って水気をとり、塩、コショウをして小麦粉を振っておく。パプリカは薄切り、サヤエンドウは斜め細切りにする。

Aを全て鍋に入れ、軽く煮立たせた後、野菜を入れて煮立たせないうちに火を止める。

②で処理をしたアジを160〜170度の油で5〜7分、骨まで食べられるようにじっくり揚げる。

保存容器に移し入れた③に油を切ったアジ、酢レモンを入れて冷蔵庫で冷やす。

冷えたら小さく刻んだ酢レモンと混ぜて一緒に器に盛り付け、刻んだ青じそを添えて出来上がり。